任意売却に関するご相談は、時間に関係なく完全無料です!どうぞお気軽にお越しください!

インタビュー

インタビュアー:スタッフU
まずは自己紹介をお願いします。

株式会社はーとハウス代表取締役の佐藤幸雄です。

大学を卒業してから30年以上、不動産業界に従事してきました。

バブル時代はいい思いもしましたが、その後には相当辛い思いもしましたね(笑)

今となっては、どれもいい思い出ですが。

辛い思いとは?

ご多分に漏れず、バブル時代は調子に乗って不動産を買ったりしまして(笑)

同僚と独立してかなり儲かった時期もありましたが、バブル崩壊後は本当に辛い目に遭いました。

その後、ファンドバブルも経験して、大型物件の売買なんかもやりましたが、リーマンショックの後はまた辛い思いを・・・(笑)

今思えば、結構浮き沈みの激しい人生でしたね~

でも、自分自身が辛い思いをしたからこそ、任意売却をせざるを得ない人たちの気持ちがよく分かりますよ。

なぜ任意売却を扱おうと思ったのでしょうか?

仕事になるから、というのももちろんですが、一番は「苦しんでいる人を助けたいから」ですかね。

競売で家を追い出される人をたくさん見てきましたので、そうなってしまう人を少しでも減らしたいと思ってます。
・・・
・・・
これ本当!

もちろん、疑っていないですよ(笑) ところで、最近は任意売却を扱っている不動産会社も多いですよね。流行なんでしょうか。

そうですねー。

たしかに、ここ数年ですごく増えた印象があります。

昔は任意売却っていうと、「良く分からないからウチでは扱えない」と敬遠する不動産会社が多かったんですが、最近はノウハウも得やすくなってますから、「任意売却をやってみよう」っていう会社が増えているんでしょうね~

ちなみに、私は10年以上前から任意売却をやってますよ。

任意売却を取り扱う会社が増えたことについては、どう思いますか。

んーとですね・・・

ちょっと言いづらいですが、はっきり言うと「玉石混合」という感じですね。

しっかりやっている会社ももちろん多いですが、「住宅をうまく売ったらそれで終わり」みたいな会社もそれなりに多いと思いますよ。

そういう言い方をされるってことは、はーとハウスは「住宅を売ったら終わり」ではないと。

もちろんそうです!

ここは強調したいとこなんですけど、任意売却をする人が抱える根本的な問題は、「家を売りたい」じゃなくて「借金を何とかしたい」なんですよ。

だから、住宅を売ったって、問題は何も解決しない。

・・・ってのは言い過ぎで、たしかに住宅を売って解決するケースもありますけど、大半のケースは、住宅を売った後に残った住宅ローンの処理をしなくちゃいけない。

「住宅を売ったら終わり」系の不動産屋は、肝心の借金問題には何のアドバイスもしないで、「あとは自分で弁護士探して破産してね」みたいな対応をしているんですよ!(怒)

次のページ【はーとハウスに相談すれば借金問題も解決!】
ページ1
ページ1