任意売却に関するご相談は、時間に関係なく完全無料です!どうぞお気軽にお越しください!

インタビュー

ページ3
ページ3

所有権は失っても、住み続けることができる!
「所有権は失っても、住み続けることができる」というのは、具体的にはどういうことですか?

一つば親族間売買。単純に親族に任意売却をして、そのまま住ませてもらう方法です。ただ、買い手が親族だとは言っても、買い取る価格は市場に合わせないといけない。債権者の承諾を得られるような価格設定が必要です。

もう一つはリースバック。投資家に不動産を買ってもらって、その投資家から賃借する方法です。賃料を払えば住み続けられるわけですが、相場より高くなるのは避けられません。

まあ、一口に親族間売買やリースバックとは言っても、いろいろと条件が厳しいので、実際にうまく行くのはほんの一握りです。ただ、うまく行った場合は本当に感謝されるので、やり甲斐はありますよ。

ちなみに、住宅を売らずに解決する方法ってあるんですか?

ありますよ。個人再生とか。

住宅ローンはそのまま払い続けて、他の借金を大幅にカットして払う、みたいな制度です。

私も細かいことは分からないので、弁護士や司法書士の先生方に説明してもらってますけどね。

先ほども話題に出た協力関係ですね。

そうそう。

ウチに協力してくれる先生方は個人再生もバッチリ対応しているから、すごく助かってます。

相談のときに同席してもらって、「個人再生をやれば住宅を残せますよ」という説明をしてもらっているときは、とても頼もしく見えますね~

売らずに解決、というのは少し複雑ではありますけどね・・・

やっぱり売却してほしいんじゃないですか。

まあ、私も人間ですから、そういう気持ちも当然ありますよ。

ただ、何と言っても、住宅を残せると知ったときの、相談者の安心した顔はいいですよね。

私もいいことをしたような気分になります。

だから、売りたくない人には無理に売却は勧めません。

ポリシーを持ってやられていることはよく分かりました。他にアピールしたいことはありますか?

土曜・日曜も営業していますし、夕方の対応も可能です。

平日の日中は仕事で相談できない、という方も相談できるようにしています!

※ 日曜の相談には、事前のご予約が必要です。

最後に、ホームページをご覧になる方にメッセージをお願いします。

繰り返しになりますが、はーとハウスは「売却ありき」のアドバイスはしません。住宅を残したい方のためには、残せる方法、住み続けられる方法を必死で考えます。

また、相談者の借金問題を根本から解決するために、弁護士や司法書士の先生方と協力して対応します。

ですので、任意売却を考えているなら、是非ともはーとハウスにご相談ください。

当然ながら相談は無料で、土曜・日曜も夕方まで対応可能です。

ご連絡お待ちしております!

ページ3
ページ3