任意売却に関するご相談は、時間に関係なく完全無料です!どうぞお気軽にお越しください!

競売とは

競売

競売とは、競り売り、オークションのことです。

このページでは不動産の競売(不動産競売)のことを説明していきます。

不動産競売の概要

不動産競売の情報は、裁判所で公開されています。

これを見た買受希望者が、裁判所に対して、入札期間内に入札書を提出します。

開札日に全ての入札書が開札され、最も高い金額を提示した人が落札者(買受人)になります。

その後、裁判所による買受人の審査を経て、買受人に不動産の所有権が移転します。

不動産競売の特徴

不動産競売には、次のような違った特徴があります。

  • 裁判所が法律に従って厳格に手続を進める。
  • 競売開始から終了まで、半年以上の時間がかかる。
  • 物件に問題があっても、所有者や裁判所は一切の責任を持たない。
  • 出品者ではなく、裁判所が最低落札価格(買受可能価額)を決定する。

ただ、上記のような特徴は、所有者(物件を競売にかけられてしまった人)にはあまり関係ない部分です。

そこで、以下では、所有者の立場から見た不動産競売の特徴をご説明します。

物件所有者から見た不動産競売の特徴

所有者の立場から見た場合、不動産競売には次のような特徴があります。

  • 自分の意思に関係なく、勝手に自分の不動産が売却されてしまう。
  • 裁判所の命令により、内覧が実施されることがある。
  • 落札後、強制的に追い出される可能性がある。

不動産競売の詳しい特徴については、不動産競売のメリット・デメリットのページをご覧ください。