任意売却に関するご相談は、時間に関係なく完全無料です!どうぞお気軽にお越しください!

親族間売買プラン

親族間売買プラン

文字どおり親族間で売買を行う、言い換えるなら親族に自宅を購入してもらう方法です。

自宅を購入した親族の許しが得られば、自宅に住み続けることが可能になります。

親族間売買プランのメリット

  • 自宅に住み続けることができます。
  • 仮に親族が家賃を要求してきた場合でも、相場よりは低めの家賃設定になることがほとんどです。
  • 交渉次第では、お金を貯めた後に親族から自宅を買い戻すことも可能です。

親族間売買プランのデメリット

  • 自宅の所有権を失います(自宅の所有権が親族に移ります)。
  • 親族であっても適切な売却代金を支払ってもらう必要がありますので、「親族に安く売る」ということはできません。つまり、親族は相応の資金を捻出する必要があります。
  • 資金を捻出できる親族がいない場合には、この方法を利用することができません。
  • 親族の許しがなければ、自宅に住み続けることができません。
  • 親族によっては、相場よりも高額な家賃の支払を要求する可能性があります。

親族間売買プランのポイント

何と言っても、親族間売買を成功させるには、協力してくれる親族の存在がポイントになります。

中古住宅を一軒買えるくらいの現金を持っている、または住宅ローンを組むことができる協力的な親族がいれば、親族間売買プランはぐっと成功しやすくなります。

まずは専門家にご相談ください!

親族間売買を成功させるには、さまざまなポイントがあります。

ご興味のある方は、仙台・宮城の任意売却相談センター(はーとハウス)までお気軽にお問い合わせください。

不動産業界30年のベテランスタッフが丁寧にご説明いたします!